ひどくなる前に相談

医者

気づきにくい症状も

周囲の環境や人間関係などが原因で不安な気持ちや悲しい気持ちが抑えきれなくなり、それらのストレスがきっかけとなって不眠症や摂食障害などの症状を引き起こす病気をうつ病と呼んでいます。治療を主に行なっている施設は心療内科や精神科ですが、すぐに病院に行き相談出来ない環境の方のために電話でのカウンセリングなどを行なっているところもあります。眠りが浅い方のために睡眠薬などを処方するところも多く、複数の薬を用いるため一回の治療につき2,000円から3,000円ほど薬代がかかるのが一般的です。治療の際に処方される薬の種類も多数あるため、医師と相談して症状に合ったものを処方してもらうようにします。病気の種類によっては他人や家族から見てうつ病である事が分かりづらいものもあり、本人が自覚し治療を意識する事が大切です。初診の際には、家族が同行して診察を受けるとスムーズに症状を調べる事が出来ます。医師と初めて話す際に上手く悩みが伝えられない場合でも、家族から代わりに病気の症状を伝えてもらう事が出来るからです。あらかじめ、メールなどで相談内容を受け付けてから診察できる病院も増えており、直接口頭で伝えることが苦手な方から好評で活用する方が多くいます。代表的なうつ病の症状とされているものが大うつ病性障害と呼ばれるもので、気持ちが落ち込む時間が普通の状態に比べて長く、不眠の症状などを併発するなどの症状が現れます。眠れずやる気が起こらない状態が2週間以上続く場合は、心療内科などに相談して早めに治療をする事でひどい症状にならないで済みます。もう1つの代表的なうつ病としては気分変調性障害と呼ばれるものが挙げられ、長期間にわたり悩みを抱え込んでいる方に現れやすく過食症や摂食障害などを併発するのが特徴です。気分変調性障害の方は、落ち込みやすい性格であり病気ではないと認識される事も多いですが、体調に変化が起こる前に治療する事が大切です。これらの代表的な種類の症状は、早期の治療を心がければ体調がひどくなる前に回復する可能性が高く、家族や本人が異変に気付いたらカウンセリングを受けるなど早めの行動が重要になります。一時的に発症するタイプのものとしては、マリッジブルーのような結婚前にのみ現れる症状もあります。他人や家族から見ても分かりにくい種類の症状としては、躁状態とうつ状態が交互に続く双極性障害が挙げられ自分で自覚する事が大切です。他人といる時は平常を装っているのに、1人になるとうつ状態を発症する微笑みうつ病も客観的には分かりにくく、突然症状を発症したように見えるのが特徴です。

Copyright© 2018 種類によって異なるうつ病の治療方法【薬の服用を習慣づける】 All Rights Reserved.