女性はリスクが高い|種類によって異なるうつ病の治療方法【薬の服用を習慣づける】

女性はリスクが高い

看護師

発症前にセーブする

女性はライフスタイルの変化に伴い、さまざまなうつ病に罹患するリクスが高くなっています。うつ病といってもさまざまな種類があり、女性の場合、産後うつや更年期うつが代表格です。産後うつは、マタニティブルーが重症化したもので、出産後数日から数週間で発症する可能性がありますが、産後4週間以内に発症したものをそう呼んでいます。気分障害の一種であり、脳内神経伝達物質機構の変調によって起きる生物学的疾患です。そのため、母親の弱さや不安症な人格のために起こるものではなく、精神科本来の治療により改善する医学的な病気です。最初は、理由もなく泣けて仕方がない、悪いことばかり考えてしまうなどの症状からスタートし、周囲の助言に耳を貸さずに頑固になったり、衝動的な行動に出たりすることもあります。また、この産後うつを経験した人や月経前症候群の人は、更年期うつという別の種類のうつ病に罹患することも多いです。これは精神面においては、閉経期の女性がうつ状態になっても、それは普通のことだと考えがちですが、重症化すると正常な出来事ではなくなります。そのため、ただの更年期特有の症状だと考えずに、医学的治療を受けることが必要です。主に不安や焦燥感が強く、精神的不安状態が目立つという傾向にあります。出産後の産後うつや更年期のうつなどさまざまな症状をともない、いろいろな種類のうつ病になり、そこから抜け出せずに本格的に重症化する人も多くいます。女性はもともと生涯を通して、さまざまな種類のうつ病になるリスクが高いので、主婦だから、母親だからと頑張りすぎずに80パーセントくらいの力で何事にも取り組むのが大事です。また、月経などにより睡眠の質に影響する鉄分も不足しがちなので、副作用もなく吸収のいいヘム鉄のサプリを飲むことも予防につながります。そして、近年、働きながら子育てをしている人、独身で長く働き続ける女性も多く、職場での人事異動などで発症することも多いため、まずはそうしたことがきっかけで発症することもあるのだと理解しておくことも大事です。また、日頃からメンタルヘルスの向上の取り組みを積極的に行っている企業を選んで働くというのも、自分で発症リスクを回避する一つの方法になります。産業保険医がいる職場ならなおよく、早め早めに相談していくことも大事です。加えて、働く女性は特に不調がなくても、メンタルケアのためにクリニックに通っているという人も増えてきています。ストレスを感じていないと考えている人でも、いつの間にか蓄積していることもあります。このように自らリスクを軽減していく取り組みも重要です。

Copyright© 2018 種類によって異なるうつ病の治療方法【薬の服用を習慣づける】 All Rights Reserved.