種類によって異なるうつ病の治療方法【薬の服用を習慣づける】
男性

薬物治療の効果と課程

抗うつ薬には大きく分けて5種類あり、効き目や副作用の強さに違いがあるので、専門家の判断で患者との相性が良いものを選ぶ必要があります。また現代型うつ病や双極性障害には抗うつ薬以外の治療法を用いることがあります。

詳しく見る

医療

医師選びと病気の分類

うつ病には定型うつ病と双極性障害の2種類があります。うつ病から双極性障害に変化することがありますし、一人一人症状や薬の効き目は異なるので、診察のたびにしっかりと話を聞いてくれる医師を選びたいところです。

詳しく見る

医者

ひどくなる前に相談

心の病気であるうつ病にはいくつかの種類があり、不眠などを発症するものが代表的です。他には、表面上はごく普通に見えるのに1人になると一般的なうつ状態になる微笑みうつ病や、感情の起伏が交互に変化する双極性障害などが挙げられます。

詳しく見る

看護師

女性はリスクが高い

女性は男性よりもうつ病に罹患する機会や環境が整っているという現状があり、さまざまな種類のうつ病になる可能性があります。そのため、自らメンタルケアに取り組んだり、サプリメントを活用して脳内環境を整えたりして発症リスクを下げていくことも大事です。

詳しく見る

うつもちゃんと治る

男性

病院で薬をもらおう

自分がうつ病になってしまったら、治療法として浮かぶのは薬を飲むことではないでしょうか。近年では通常のうつ病と異なる種類の症状も見つかっており、その警戒性はより強まったと言えます。ただ、どの種類のうつ病であれ薬を正しく飲めば改善を図ることが可能です。薬の飲み方としては医者の言うことに素直に従えば問題はありませんが、中には自分から意識的にやったほうがいいこともいくつかあります。一つは、飲む時間帯をなるべく同じにすることです。これは、薬を忘れずに飲み続けるために重要です。うつ病の人は不安や心配に気を取られがちで、ふとした時に薬の服用を忘れることがあります。同じ時間帯に飲むことで薬の服用を習慣づけることができ、飲み忘れてもすぐに気付くことができます。家を出る前と会社に着いた時、同じ朝食後服用の薬でも飲むタイミングはいろいろです。これを統一させることで、より強い習慣付けができます。別のものには、起きたらまずい副作用を洗い出すことがあります。例えば日中の仕事が忙しいのであれば、その時に眠くなったら困るわけです。問題のある効果の目処があれば、処方前に相談や変更の申し出ができます。これが大事なのは、生活の支障をなくすためです。家事や仕事と、うつ病でもやらなければいけないことは多くあります。薬のせいで眠かったというのは言い訳にならないでしょう。普段通りの生活のためにも、副作用のことは優先的に解決しましょう。抗うつ剤は、うつ病を治すために必要です。発症の主な原因はストレスですが、抗うつ剤にはその影響を和らげる働きがあります。薬を飲んでストレス症状を抑えることで、徐々に健全な気分に戻ることができます。ストレス由来の問題は考え方を変えるなどで治せるものではなく、薬で無理やりにでも精神を持ち直すことが最善の治療法なわけです。また、おかしくなった脳機能を復旧できるということも効能の一つです。気分や感情は脳が司っており、精神疾患も脳の病気にあたります。脳が病気なら当然それを元通りにしなければ治らないため、うつ病治療に薬が必要というのもよく分かるでしょう。復旧の働きは脳物質の分泌を強くするなど様々で、種類ごとに対応する脳機能が異なります。一回目が合わなかったら別のでと、症状に応じた効果的な薬を見つけられるのが強みです。最近の新しい種類のうつ病にもこれは当てはまります。新種と言うと治るか不安になる人も多くいますが、薬の服用でちゃんと治すことができます。実際、新種に効果のある薬も出ており、各医療機関に備えられています。なので、病院に行けば新種でも怖くはありません。無理して放置しない限りは、うつ病はしっかり治せる病気になったということです。

Copyright© 2018 種類によって異なるうつ病の治療方法【薬の服用を習慣づける】 All Rights Reserved.